私はダイエットを始めたばかりのころ、お腹に筋肉をつけようと腹筋をしていました。
しかし負荷がかかって腰を痛めてしまったり、辛くて続かなかったりでなかなか思うような効果が出ませんでした。

なので、腰を傷めずにお腹痩せが出来る方法を探し、自分に合った運動法を見付けました。
それは、立ったままゆっくりと息を吐きながら腰をひねる運動です。
この方法ならば腰に負荷もかかりませんし、テレビを見ながらお腹痩せをすることができます。

コツはできるだけ背筋を伸ばして、足を肩幅くらい広げて腰をひねることです。
空いた時間にこの運動を行っていたのですが、明らかに下腹についたお肉が減っていきました。
そして腸に刺激が与えられるからか、便秘気味だったお通じも毎日出るようになりました。
お腹を触ってみると、脂肪の層が薄くなって腹筋の硬さが自分でわかるくらいでした。
腰をひねっているのでくびれも出来ましたし、こんなに手軽な運動でここまでの効果が出るとは驚きです。